古代丹波歴史研究所所長の伴とし子です。
全国の歴史に興味のある方々とともに、
古代史を史書だけでなく土地の声を聴き多様な観点から検証し、
日本のために尽くした方々の功績を明らかにして
未来の日本に繋げていきたいと思います。
皆さまのご参加をお待ちしています。
伴 とし子 オフィシャルサイト facebook 伴 とし子 新刊「卑弥呼の真実に迫る」

研究所の理念

「古代丹波歴史研究所」は、歴史・考古学・伝説などに興味のある方々と研究会や交流をもち、文献資料、考古学的発掘資料、伝説や神社伝承等から多角的総合的視野にたって研究を進め、古代日本の姿を明らかにしていくことを目的として活動しております。
古代の表玄関である古代丹波は、丹後を中心として、丹波、但馬を含み、さらに若狭、近江、山城等々広範囲に勢力を及ぼしており、ここに、際立った王国があったのではないかということが、数々の遺跡や『古事記』『日本書紀』の伝えや神社伝承等から考えられます。
さらに、日本海文化に、広く日本古代史に注目しながら、この研究所が日本古代史解明の鍵となりますように、先人たちが創り上げてきたこの国の黎明に思いを馳せ、国づくりに携わった方々に感謝と誇りを持ちながら、皆様とともに学び、未来を担う次世代に繋げていきたいと思います。
会員募集(随時)
古代丹波歴史研究所は、このような思いを達成するため、会員募集を行っています。
歴史、考古学、伝説などに興味のある方でしたら、どなたでも入会いただけます。皆様のご参加をおまちしています。
活動内容
  • 古代丹波及びその関連領域に関する研究・調査
  • 会報等の研究成果の刊行【年間2~4回】
  • 研究会、公開講座、講演会、歴史ウォーク等の開催
  • 研究・調査に必要な図書・資料及び情報の収集、管理
  • その他前条の目的を遂行するために必要な事業
会員の特典
  1. 会報「天のかけはし」を送付します。
  2. 会報に、会員の方の寄稿等を掲載します。
  3. 研究会、講演会等を、会報やブログでそのつどご案内いたします。
[年会費]
1口2,000円
個人会員/1口以上
法人会員/3口以上
FAXでのお申込み
FAX用紙はこちら
0748-33-2556
事務局 〒523-0876 滋賀県近江八幡市本町三丁目16番地
古代丹波歴史研究所 URL:http://kodai.holy.jp/

会  報

会報「天のかけはし」を発行しています。
会員の方には、会報を発行のたびに送らせていただきます。
また、原稿の投稿も可能になります。

天のかけはし 第11号
第11号 天のかけはし
2018年4月10日発行
ご挨拶 「伝承の掘り起こしから歴史の真実に迫る」
伝承から五世紀の謎に迫る 伴とし子
「万葉集から歴史を読む」中島 紀
「比治の真名井の神と風土記」 坪倉慧二郎
「丹後から近江への鉄の道」 野村しづかず
ひろば 第2回 座談欒会のご報告
卑弥呼も食べた?

第11号 ご挨拶より 伝承の掘り起こしから歴史の真実に迫る

去る七月四日、「五世紀の丹後の謎を追う」と題して講演させていただきました。その後、語り合いの時間をいただきながら、伝承の重要性についてお話させていただきました。

五世紀といえば、雄略天皇の時代。丹後では、浦嶋子が常世に行ったと伝えられ、丹後の祖神、豊受大神が伊勢に遷宮された時です。また、雄略天皇に殺された市辺皇子の子どもたちであるおけをけ二皇子が逃亡してきたという伝承が、数多く残されています。『古事記』の記述にある矛盾点をどうとらえたらいいのか、一つの試論として提起させていただきました。伝承から古代史を見つめると、ひとつの隠された歴史が見えてくるようです。(所長)

天のかけはし 創刊号
創刊号 天のかけはし
2015年5月20日発行
ご挨拶
いまここから大丹波王国論のうねりを
大丹波王国とはどの範囲か
対談宮津市長 天橋立宮津を聖地に
心の故郷・魂に美味しい丹後
卑弥呼も食べた?
彦火明神が降臨した冠島
彦火明神が降臨した冠島
真ん中が立神岩
(写真家・坂根正喜氏撮影)
第2号 天のかけはし
2015年10月1日発行
ご挨拶 天孫降臨の島
丹後の血脈に生まれた倭姫命 伴とし子
天照大神の巡行と吉佐宮
倭姫宮にお参りして 顧問 岡茂夫氏
会員の広場 白須秀樹氏
対談京丹後市長新シルクロードスタート
心の故郷・魂に美味しい丹後
卑弥呼も食べた?
冠島から昇る神々しい朝日
火明命が降臨した冠島から
昇る神々しい朝日
(写真提供:斉藤清己氏)
第3号 天のかけはし
2016年1月1日発行
ご挨拶 言霊の幸ふ国
論説 皇學館大學教授 白山芳太郎氏
先代旧事本紀をもとに記述する神皇正統記
会員の広場 野村しづかず氏
天孫降臨と火明命
対談 山添与謝野町長
心の故郷・魂に美味しい丹後
卑弥呼も食べた?
京丹後市丹後町徳光 桃の花の園
桃の花の園
京丹後市丹後町徳光
(坂根正喜氏撮影)
第4号 天のかけはし
2016年5月1日発行
ご挨拶 中今(なかいま)
論説 皇學館大學教授 白山芳太郎氏
先代旧事本紀をもとに記述する神皇正統記
心の故郷・魂に美味しい丹後
ヤマトを創った丹後海人族伴とし子
対談 吉本秀樹伊根町長
研究ノート羽渕徹氏
卑弥呼も食べた?
白いカモメがゆうゆうと飛ぶ伊根の舟屋
白いカモメがゆうゆうと
飛ぶ伊根の舟屋
(重要伝統的建造物群保存地区)
第5号 天のかけはし
2016年9月1日発行
ご挨拶 旺盛な好奇心と情熱を
論説 龍谷大学名誉教授 小寺慶昭氏
籠神社の参道狛犬
ヒルコはなぜ流されたか 伴とし子
対談 京丹後市 三崎政直市長
研究ノート 御肇国天皇 佐藤和代氏
研究ノート 稲の伝播について関戸容夫氏
卑弥呼も食べた?
冠島に昇る朝日と光の環
冠島に昇る朝日と光の環
第6号 天のかけはし
2017年1月1日発行
ご挨拶 信じる力は
論説 古代丹後王国の旅 工学博士 長野正孝氏
古代水軍の長 健振熊宿袮 伴とし子
研究ノート「導水施設」から見た丹後王国とヤマト政権との関係について 三浦 到氏
ひろば 研究会・講演会の報告
卑弥呼も食べた?
白いカモメがゆうゆうと飛ぶ伊根の舟屋
獅子先崎稲荷神社(宮津市)
(写真家・坂根正喜氏撮影)
第7号 天のかけはし
2017年6月1日発行
ご挨拶 『古事記』にみえる植物
論説 大丹波王国~ヤマトも畏れた北の大国 元京都府立丹後郷土資料館学芸員 奥村清一郎氏
市邊押磐皇子と二皇子逃亡伝承 伴とし子
研究ノート 万葉集から歴史を読む 中島 紀氏
ひろば 丹後王国についての所見 宮﨑直之氏
研究ノート 稲の伝播について 関戸容夫氏
卑弥呼も食べた?
伊根湾を上空より
伊根湾を上空より
(坂根正喜氏 空撮)
第8号 天のかけはし
2017年9月1日発行
ご挨拶『マイフェアレディ』のテーマとは
論説 卑弥呼の装いに思う
天理大学非常勤講師 酒野晶子氏
皇后、妃となった丹後の姫 伴とし子
研究ノート 大丹波王国の中核か 野村 しづかず氏
卑弥呼も食べた?
研究会のお知らせ 10月21日(土)
歴史伝説ウォーク 10月22日(日)

神谷神社の磐座
神谷神社の磐座
(京丹後市久美浜町)
第9号 天のかけはし
2018年1月1日発行
ご挨拶 「丹波道主命の伝承が濃厚に残る久美浜」
論説 ニソの森とニジュウソウ 
民俗学者 金田久璋
海人水軍の郷 久美浜 伴とし子
第三回古代丹波歴史研究所研究会の報告 研
究ノート 遥かなる吉備 藤田泰弘
卑弥呼も食べた?
伊根 舟屋の春
伊根 舟屋の春
(坂根正喜氏 撮影)
第10号 天のかけはし
2018年4月10日発行
ご挨拶 「灯る火の守り人として」
論説 神話考旅立つものとどまるもの
吉野健一 
但馬とアメノヒボコと神宝 伴とし子
ひろば 座談樂会のお知らせ
ひろば 古代史は知的挑戦
研究ノート ハシとクシ考 杉本寛
研究ノート 丹後王国と蘇我氏との関連性 宮崎直之
卑弥呼も食べた?

研究会・講演会のお知らせ

第4回 「座談欒会(ザ・ダンランカイ)」のお知らせ

和気あいあいと歴史や伝承を語りあいましょう
今回のテーマ
1

「小萩と玉手箱」
  杉本 寛氏(郷土史家)

2 「小萩姫伝説」
  小塚 敏郎氏(郷土史家)
3 「平安初期の政治・仏教・文化」  羽渕 徹氏(元高校社会科教諭)

日時/平成30年11月20日(火) 午後1時から~4時
場所/知遊館 与謝野町生涯学習センター
   住所:京都府与謝郡与謝野町岩滝2271
   電話:0772-46-2451
ご自由に、ご参加ください。お待ちしております。
古代丹波歴史研究所 所長
古代史研究家
Toshiko Ban
伴 とし子
オフィシャルサイト
Official Site
Facebook
Toshiko Ban’s Profile
伴 とし子 プロフィール
京都府京丹後市に生まれる。滋賀県近江八幡市に在住。大谷大学文学部文学科卒業。佛教大学史学科博物館学芸員課程修了。伝説、歴史の研究に取り組み、大丹波王国論(丹後王国論)を展開する。中学校講師、東近江行政組合勤務後、古代丹波歴史研究所設立。
所属

日本ペンクラブ会員
京都地名研究会会員
全国邪馬台国連絡協議会会員 
伴 とし子 プロフィール
Toshiko Ban’s Book
著書
最 新 刊
卑弥呼の真実に迫る 京都丹後に謎解きの鍵 伴とし子著
2016年11月出版
卑弥呼の真実に迫る
京都丹後に謎解きの鍵
丹後、丹波、但馬を中心に、若狭、山城、近江、難波、大和、更にその周辺にまで勢力を広げた大丹波王国。系図に残された日女命とは誰か?今なお謎を秘めた邪馬台国女王卑弥呼は、海人族集団のリーダーとして君臨した大丹波王国の女王と同一人物か? 系図が示す驚くべき内容が今、明らかに!

明窓出版  四六版・224頁 定価 本体1,800円+税
amazonで購入
『卑弥呼と邪馬台国』 伴 とし子共著(テレビせとうち)
卑弥呼と邪馬台国
平成26年 共著(テレビせとうち)
邪馬台国とはどこか。大丹波王国説を論じた、共著。
『丹後王国物語』の「まんが丹後王国物語」 丹後建国1300年記念事業実行委員会編 伴とし子著
『丹後王国物語』の「まんが丹後王国物語」
平成25年 丹後建国1300年記念事業実行委員会編
まんがであらわした丹後王国の物語。歴史が『楽しくわかりやすく』理解できる。考古学遺跡や遺物、文献資料も豊富。
『応神と仁徳に隠された海人族の真相』 伴とし子著
応神と仁徳に隠された海人族の真相
平成24年 新人物往来社
応神と仁徳の事績と年代を分析し、海人族の歴史に迫る。
『ヤマト政権誕生と大丹波王国』 伴とし子著
ヤマト政権誕生と大丹波王国
平成23年 新人物往来社
丹後の古代史は「古事記」「日本書紀」の定説を覆す驚愕の内容だった。
『卑弥呼の孫トヨはアマテラスだった』 伴 とし子著
卑弥呼の孫トヨはアマテラスだった
平成19年 明窓出版
元伊勢の謎に挑む。アマテラスとはだれか。アマテラスが祀った神とは。最高神とは。渾身の意欲作。
『前ヤマトを創った大丹波王国』 伴 とし子著
前ヤマトを創った大丹波王国
平成16年 新人物往来社
古代史の再構築に挑む。前ヤマトを創ったのが大丹波王国だった。 卑弥呼、二つの天孫降臨、古代史の謎を解く鍵を私は握っている。
『古代丹後王国は、あった』 伴 とし子著
古代丹後王国は、あった
平成10年 東京経済
多くの伝説と遺跡からの推理。古代丹後王国があったことを証明した衝撃の書。
『龍宮にいちばん近い丹後』 伴 とし子著
龍宮にいちばん近い丹後
平成2年
浦嶋伝説のふるさと丹後には、2つの浦嶋伝説があり、浦嶋の系図も残されている。ロマンあふれる伝説地を紹介する。
『網野の浦嶋伝説』 網野町文化保存会 伴とし子
網野の浦嶋伝説
昭和55年 網野町文化保存会
文献学的には日本最古の浦嶋伝説の発祥の地丹後には、伊根の宇良神社と網野の浦島伝説と2か所の伝承地がある。なぜ2か所につたえられるのか、わかりやすくたどる。
Photo Album
フォトアルバム
伴とし子フォトアルバム
伴とし子フォトアルバム
Blog
ブログ
伴 とし子
全国の歴史研究者にエールを送られた「歴史研究」の吉成主幹、
実行委員会の皆さまに感動。
平成30年10月27日

去る平成30年10月27日に、東京の日本教育会館で、「歴史研究会創立60周年記念全国大祭」が開催されました。

全国歴史研究会は、1万7000人の会員を誇る組織で、その機関誌「歴史研究」の吉成勇主幹と実行委員会の皆さまは、60年にわたり、歴史研究をしてこられた全国の多くの研究者また、故人となられた方にも、また、会員外の研究者にも「歴史大賞」を授与。そのなかで、私も、地域歴史研究貢献部門ということでいただきました。

私が、何よりも感動しましたのは、こうした歴史の研究をひたすらに続けている多くの研究者に熱いエールを送ってくださいました吉成勇主幹と関係者の皆さまのお心です。

歴史の研究は、「長い長い孤独な旅」と友人がいいました。

この日、基調講演をされた選考委員長である所功先生も、「歴史研究は、果てしない鉱山にはいっていって、あるともないともわからない鉱脈を掘り出すような作業である」ことを述べられましたが、まさに、そうした長い旅を黙々と歩む多くの研究者たちに励ましをくださったものと思います。

そして、これは古代丹波歴史研究所にいただけたものと思っております。いろいろな皆さまとのご縁をいただき、ご協力をいただき、また、先人たちの思い、古代の人々の心が突き動かしてくれているようにも思います。

あの山の向こうには白い花が咲いている、そう信じる心だけがあるのだと、そんな気持ちでおります。

ありがとうございました。

歴史研究会創立60周年記念全国大祭
古代丹波歴史研究所の研究会の2日目は、歴史を探る遠足。
たくさんの笑顔、ありがとうございました。
平成30年9月23日

9月23日は、バスによる歴史遠足。京丹後市丹後町にある竹野神社は、旦波(たには)の大縣主ユゴリの娘、竹野姫が祀られています。開化天皇の妃となった女性です。たくさんのご参加と笑顔、本当にありがとうございました。

古代丹波歴史研究所 第4回 研究会 歴史散歩 伴とし子


TOPへ